スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

WAONカードの使い方

2010.04.21
WAONカードを作成できたら、まずは使ってみましょう。
ただし、そのまま使える訳ではありませんよ、、、
使用する前には、WAONカードにお金をチャージをする必要があります。
イオンに行った時に、お金をチャージする端末がありますので、
そこでチャージしましょうね。。。
チャージが完了したら、いつもどおりお買い物をして下さい。
そして、レジで決済するときには、クレカと違い、サインする必要なんかありません。
端末にWAONカードをかざすだけでOKなんですね。
そうすると、買い物200円ごとに1ポイントが付きます。
1ポイントは1円換算。つまり「1円引き」という訳です。
イオンでのお買い物を毎月5万円程度している人なら、WAONカードで支払うと
年間約3万円程度おトクになりますよ。
だから、、、イオンに行くならWAONカードが断然おトクなんです。
さらなる攻略法は、次回。。
スポンサーサイト

「JMB WAON」カード

2010.04.20
皆さんは、WAON(ワオン)カードは、持っていますか?
イオンに買い物に行く機会の多い人は、既に必携してますよね。。。
このワオンカードですが、今なら、JALマイルがたまる
「JMB WAON」カードとして、無料で作る事ができるんです。
http://www.jal.co.jp/jalmile/card/waon/
イオンでのお買い物をしつつ、JALのマイルも貯めちゃいましょう!

改正割賦販売法について

2010.04.11
 平成21年12月1日に「改正割賦販売法」が施行されました。
悪質な勧誘などを行っている販売店を加盟店にして、クレジットを提供し、
悪質商法を助長したり、消費者の支払能力を超えるクレジットを提供して、
多重債務に陥るきっかけを形成したりと行った弊害を防ぐため、
クレジットに関する法律(割賦販売法)が、特定商取引法とともに、
改正されました。

改正の要点としては、以下の通りです

▼1:改正により、個別クレジット業者も登録制になります。

▼2:規制の範囲が、拡大します。
   従前、指定商品・指定役務制をとっていましたが、商品の多様化に
   対応し、法の抜け穴を狙った悪質業者の暗躍をくい止めるために、
   指定商品・指定役務制が撤廃されます。
   また、翌月一回払い以外の支払方法であれば、例え1回払いであっても、
   規制の対象になります。(例:ボーナス1,2回払いなど)

▼3:個別クレジット業者には、加盟店の勧誘行為等についての調査が
   義務づけられます。
   悪質な商法を行っている加盟店のクレジット利用を防ぐため、
   個別クレジット業者には、訪問販売などを行う加盟店の勧誘行為について、
   調査する義務が課せられます。
   この調査のために、クレジット契約を結ぶ際、消費者はクレジット業者から、
   電話などで契約の経緯や内容について詳しく聞かれる場合があります。
   その結果、もし不適正な勧誘があれば、個別クレジット業者はクレジット契約を
   結ぶことができなくなります。

▼4:個品クレジット契約もクーリング・オフできるようになります。

▼5:うその説明による勧誘や、通常考えられない量の商品などの販売を
   行った場合は、個別クレジット契約も解約して、すでに支払った
   お金の返還も請求できます(既払金の返還請求)

▼6:クレジット業者は指定信用情報機関の情報などを利用して消費者の
   支払可能見込額を算定します。
   消費者はこれを超えたクレジットを利用できなくなります。

▼7:クレジット業者は、消費者の他社のクレジット債務の額や支払状況を
   調査するために、指定信用情報機関の提供する信用情報を利用する
   義務を負います。

▼8:認定割賦販売協会が認定され、業界の自主ルールを作成すること
   などによって法律を補完します。
   これによって、適正なクレジット取引が促されることが期待されます。

▼9:クレジットカード情報の保護を図ります。

 従来の分割払い、リボルビング払いに加えて、ボーナス一括払いなども
法律の規制対象となり、消費者の利益を保護するための規定が適用されることになりました。
クレジットを利用した買い物が従前より安全、安心したものになる
というわけです。
また、反対にクレジット業者は指定信用情報機関の情報などを利用して消費者の
支払可能見込額を算定しますので、消費者はこれを超えたクレジット利用が
できなくなりますので、今後、クレジットカードの審査も厳しくなります。
消費者の賢い利用が、重要になっていきます。

参考サイト
http://www.j-credit.or.jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。